週刊文春 電子版

「松重豊」家賃2万から2億豪邸に母を呼ぶまで

カムカム大解剖 文春でしか読めぬものがある

「週刊文春」編集部
エンタメ 芸能 テレビ・ラジオ

「ド貧乏だったよ。バイトをしながらギリギリの生活で芝居をやっていた。あいつは昔から真面目で、一緒に飲んでても『明日、朝4時から築地のやっちゃ場(青物市場)でバイトだから』って帰っちゃうんだよね」

 そう話すのは松重豊(59)の旧友で、世田谷区経堂のバー「アナログ」の店主、奥山浩司氏だ。

「孤独のグルメ」でブレイク(写真 ドラマ公式HPより)

 日本の時代劇を支えてきた“大部屋俳優”伴虚無蔵を演じている松重。ひなたを映画村のバイトに誘い、師匠的な存在として物語のキーマンとなっていく。

 アクション指導の中村健人氏が明かす。

「モデルは『5万回斬られた男』と呼ばれた故・福本清三さん。福本さんは礼節を重んじる方でしたので、松重さんは『こうした方がいいよね』と、道場の出入りの際に一礼することを提案してくださいました。立ち回りに関しては『言ったとおりにやりますので』と」

 着流し姿で暮らし、侍言葉を使う変わり者の虚無蔵は、いまや松重の新たなハマリ役となりつつある。

 松重のこれまでの代名詞といえば、「孤独のグルメ」(テレ東系)の井之頭五郎役。2012年に始まった同シリーズはすでにシーズン9まで放送済みだ。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年3月17日号

文春リークス
閉じる