週刊文春 電子版

榊原さん告白「安達祐実さんが僕にくれた金言」

カムカム大解剖 文春でしか読めぬものがある

「週刊文春」編集部
エンタメ 芸能 テレビ・ラジオ

「僕も苦しい時代があったから、文ちゃんに……」

 そう告白するのは、映画村の職員・榊原誠を演じた平埜生成(ひらのきなり)(29)だ。

映画村を愛する榊原さん(写真 ドラマ公式HPより)

 16歳で舞台デビューし、既に芸歴13年の平埜だが、これまでの俳優人生は決して順風満帆ではなかった。

「途中で事務所を辞めたり、大きな舞台に出てもその後は仕事が無かったり。映画に出演後、役が回ってこない文ちゃん(五十嵐文四郎)の姿が自分と重なりました」

 だが、多くの舞台で経験を重ね、17年に大河ドラマ「おんな城主 直虎」に出演。今回、朝ドラ初出演を掴んだ。「毎回現場に行くのが楽しかった」と振り返る平埜。そんな撮影現場で一番話した共演者は?

「圧倒的に川栄さんです。休みの日何をしているか、Netflixで何を見ているか、芝居の話も含めて沢山話をしました。川栄さんは返答が凄く素直で面白い。『運動神経いいですか?』と聞いたら、『足めっちゃ速いです』と返ってきたり(笑)」

 3月4日放送の「あさイチ」で、川栄は「本郷と2人の時は会話が無く、見かねた平埜が話しかけてくれた」と明かしていたが、

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年3月17日号

文春リークス
閉じる