安田顕主演のNHKドラマ10「しもべえ」に出演している矢田亜希子(43)。

「昨年の連ドラ『ウチの娘は、彼氏が出来ない!!』では故人という設定だったが浜辺美波の実母役。同じく昨年の『この初恋はフィクションです』では男子高生の母。今回は17歳の娘(白石聖)に愛情を注ぐシングルマザー。母親役が板に付いてきた」(放送記者)

昨年の「ウチの娘〜」では、26年ぶりに豊川悦司と共演

 矢田は中学2年の時、原宿でスカウトされ芸能界入り。1995年、連ドラ「愛していると言ってくれ」で豊川悦司の妹役でデビューを果たした。当時16歳。

「黒髪ロングの制服姿は清楚を絵に描いたようで、多数のオジさんファンも生んだ」(芸能デスク)

 2002年には「マイリトルシェフ」で連ドラ初主演。03年の「白い巨塔」ではヒロイン格、04年の「ラストクリスマス」では織田裕二の相手役と順調にキャリアを重ねる一方、CMでも人気を博した。

「特にアフラックのCMでは、ナースに扮して微笑みかけ、清楚系の本領を発揮。“お嫁さんにしたい女優”として真っ先に名が挙げられる存在になった」(同前)

 スキャンダルデビューは意外にも早く、01年。相手は巨人(当時)の平松一宏投手だった。破局ののち05年、主演連ドラ「夢で逢いましょう」で運命は一転。矢田扮する歯科衛生士が勤めるクリニックの経営者役が押尾学(43)だった。

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 解説番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春 2022年3月24日号