週刊文春 電子版

原発攻撃は自作自演!? 日経新聞編集局長のヤバい説教

特集 ウクライナ侵攻「罪と罰」

「週刊文春」編集部
ニュース 社会

「ロシア軍が原発攻撃って誰が言ってるんだ。分かんないだろ。(ウクライナ側の)自作自演の可能性もある。それに誰も気が付かないって、何やってんの?」

 これだけ聞けば陰謀史観に毒された御仁のようだが、発言者は日本経済新聞の紙面作りの最高責任者だ。

井口編集局長(日経HPより)

 日経社員A氏が明かす。

「これは3月4日午後に行われたオンライン会議での井口哲也常務取締役兼編集局長の発言です。4日午前(日本時間)に、ウクライナ南部のザポロジエ原発がロシア軍の砲撃を受け、うちの同日夕刊でも1面トップで報じています。その内容を受けて、こう激怒したのです」

3月4日付の夕刊

 各部のグループ長や一部デスクら、40〜50人が耳をそばだてる中で、興奮気味にさらにこう言った。

「いい加減にしてよ。全員立たせて怒鳴りたい。下手したら世界的大誤報だぞ。一体君らは何のためにそこに座ってるんだ」

 日経社員B氏が語る。

「井口氏は次期社長候補の一人ですが、普段から高圧的で、記事へのマイクロマネジメントも度が過ぎる。今どき各部のベテランに『全員立たせて怒鳴りたい』とは呆れました。裏付けをきちんと取れと言いたかったのかもしれませんが、そもそもロシア軍による原発攻撃も事実なわけですし」

 井口氏はどんな人物か。

「早稲田大から1985年に入社し、主に産業畑で自動車や商社などを担当してきた。経済金融部長やアジア編集総局長を歴任し、2019年に編集局長に就任。この春から4年目に突入する異例の長期政権になっている」(同前)

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年3月24日号

文春リークス
閉じる