週刊文春 電子版

「パパが肩をトントンして、『もう行くね』って」東関の愛娘が振り返る“あの日のこと”

東関親方「希少ガン闘病記」完全版(後編)

「週刊文春」編集部

電子版オリジナル

ライフ ライフスタイル 医療

※前編(「ガン細胞はない」1年間放置された東関の身体は病魔に蝕まれていた)から読む

◇◇◇

 在宅医療の担当医も決まり、東関が一時退院したのは、年が明けた19年1月下旬のことだ。そこからは自宅療養を続けながら、週1回の抗ガン剤治療に通院する日々が始まった。しばらくは東関の体調も安定。親子3人は自宅で濃密な時間を過ごした。

 娘が迎えた初めての誕生日。東関の提案で、プレゼントは大きな「ミッフィー」のバルーン遊具に決めた。

娘の1歳の誕生日を祝う
 

「1歳になった娘は、ずっとパパのいるベッドのそばにいました。ご飯も毎日一緒に食べて。ハイハイだった娘がやがてよちよち歩きになると、夫は『一緒に散歩に行きたいな』と言っていました」(真充さん)

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 電子版オリジナル

文春リークス
閉じる