週刊文春 電子版

“お荷物”扱い、監視員バイト 木原龍一のペア「逆転人生」

THIS WEEK「スポーツ」

「週刊文春」編集部
エンタメ スポーツ

 北京五輪のフィギュアスケート団体戦でショート4位、フリー2位と銅メダルに貢献し、人気が急上昇したのが「りくりゅう」こと三浦璃来(りく)・木原龍一ペアだ。

北京五輪のフリーは自己ベストで5位

「3月27日まで開かれる世界選手権では強豪のロシア、中国勢が出場しないため、日本ペア史上初の金メダルも夢ではありません」(スポーツ紙記者)

 木原29歳、三浦20歳の“年の差ペア”は、ここまで辛酸も嘗めてきた。

「木原は20歳でペアに転向しましたが、全日本選手権やGPシリーズの中継が満足にないなど注目度の低さを嘆いていた。日本代表の会見ではシングルの選手に質問が集中して存在を無視されたり、囲み取材でも『記事にならないから』と記者が集まらなかったりと、ペアの扱いの悪さを味わい続けてきました」(同前)

 それは無理もなく、木原が別のパートナーと出場した五輪はソチが18位、平昌が21位に沈んでいた。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年3月31日号

文春リークス
閉じる