週刊文春 電子版

芸歴20年の岡田結実21歳があの父親と共演NGなワケ

THIS WEEK「芸能」

「週刊文春」編集部
エンタメ 芸能 テレビ・ラジオ

 朝ドラ「カムカムエヴリバディ」(NHK)の、るいの叔母、雉真雪衣役が多岐川裕美(71)に変わったことが話題に。安子編で若い頃の雪衣を演じていたのが岡田結実(ゆい)(21)だ。

兄は俳優の岡田隆之介。バラエティで共演経験がある

「奉公していた雉真家で“恋敵”の安子(上白石萌音)に辛くあたる女中を演じ、不穏な空気を醸し出した。現在は『准教授・高槻影良の推察 Season2』(フジ系)に出演している」(放送記者)

 岡田の芸歴は長い。ますだおかだの岡田圭右、タレントの岡田祐佳の長女として生まれたのが2000年。翌年には子役モデルとして活動を始めた。

「10年からEテレの『天才てれびくん』シリーズに出演し、大人びた可愛さで注目を集めた。当初は圭右の方針で親子関係を公表していなかったが、小6の時、『女性セブン』が報じた」(芸能記者)

 並行してティーン向けファッション誌の専属モデルとしても活動。転機は16年、大手のオスカープロモーションへの移籍だった。

「バラエティに出演するようになり、“閉店ガラガラ”など父親の持ちギャグを全力で披露。『オヤジより面白い』と早くも同年秋には『1周回って知らない話』『誰だって波瀾爆笑』のレギュラーを獲得した」(同前)

 女優としても18年にテレ朝の深夜連ドラに出演。翌年には同枠の「私のおじさん〜WATAOJI〜」で初主演とトントン拍子。

「オスカーとテレ朝が米倉涼子の『ドクターX』で親密な関係だったことも奏功した」(芸能デスク)

 だが20年、岡田はオスカーを退所。同社は創業者の娘婿の経営方針を巡り、内紛が伝えられていた。

「加えて、バラエティに出したい事務所と女優に専念したい岡田との方針の相違があったとも伝えられた。だが本人は“どっちもやりたい”タイプ。実際、4月からは『news おかえり』(ABC)で2週に一度、MCを務めることが決定している」(同前)

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年3月31日号

文春リークス
閉じる