週刊文春 電子版

“不死鳥の男”ゼレンスキーの「弱点」「夫人」「睡眠時間」

「週刊文春」編集部
ニュース 社会 政治 国際

「1941年の真珠湾攻撃を思い出してほしい」

 3月16日、アメリカ議会のオンライン演説で、そう訴えたウクライナのゼレンスキー大統領(44)。戦時下で一体、どのような生活を送っているのか。

 旧ソ連のロシア語圏で育ったゼレンスキー氏。キエフ国立経済大で法学の学位を取得した秀才だ。しかし、彼が選んだ道は“テレビタレント”。ロシアの芸能界で活躍後、自ら制作会社を設立し、ウクライナに拠点を移す。ドイツ研究機関によれば、会社の利益は年約120億円に上ったとされる。下ネタを交えたコントや、ドラマ「国民の僕(しもべ)」の主役で人気を博した。

“局部でピアノ”の下ネタで観客を沸かせたことも

「政党『国民の僕』を立ち上げ、19年の大統領選で当選。ウクライナでは政治腐敗が続き、クリーンさが期待されましたが、“パンドラ文書”で大統領就任前に資産をタックスヘイブンに移していた疑いなどが指摘されました。19年は一家で10億円近い不動産収入もあった。内政でも成果が上がらず、昨年秋時点で支持率は25%まで落ちていました」(国際部記者)

 運命を変えたのが、ロシアによる侵攻だ。ゼレンスキー氏は「私自身が第一の捕獲・暗殺対象。そして私の家族が第二の標的となっている」と明かしたが、

「実は、本来の彼は繊細な性格。見知らぬ人の批判コメントを見るだけで落ち込むので、普段はFacebookを見ないようにしているほどです。しかし今回はその弱点が顔を出さない。『キエフに残る』と力強く宣言し、支持率も90%台に急回復しています」(国際部記者)

 侵攻が苛烈さを増す中、現在は大統領官邸の地下壕や地下室で、側近とともに過ごしているゼレンスキー氏。窓際には白い土嚢が積まれ、一部の執務室には射撃台が設置されているという。市街戦に備え、常にアサルトライフルを携えた兵士が同行している。それでも引き続き、ビデオメッセージを繰り返し発信。ある動画では、数人の兵士らとサラミやパンを分け合い、インスタントコーヒーを飲む姿が映っていた。

「犠牲者が急増する中、五、六人のSPらに囲まれ、軍病院を訪問したこともあった。兵士が『具合が良くない』と訴えると、ゼレンスキー氏は『大丈夫か?』と気遣ったり。途中から手術着とマスクをつけ、容体の重そうな患者を見舞う場面もありました」(同前)

 一方で侵攻以来、暗殺対象でもある「妻と二人の子どもには一度しか会えていない」(英チャンネル4の取材より)という。大学時代に知り合い、脚本家としてコント番組を手掛けるなど芸能生活をサポートしてきたオレナ夫人。夫の政界進出には反対だったが、大統領就任後は脚本家の経験を活かし、スピーチ原稿のアドバイスもしてきた。

「国民を鼓舞するビデオメッセージにも、夫人の助言が反映されているといいます。開戦後は自身のSNSで『100人以上の子どもが殺されている』と惨状を投稿してきました」(同前)

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年3月31日号

文春リークス
閉じる