週刊文春 電子版

“安倍”プーチン土下座外交 30分遅刻でも「早かったね」

「週刊文春」編集部
ニュース 社会 政治 国際

「全て吹っ飛んだね」

 3月上旬、ロシアのウクライナ侵攻について、こう苛立ちを口にした安倍晋三元首相。それもそのはず、あれだけプーチンに……。

最近は核共有論を披瀝

「拉致問題解決や憲法改正のハードルが高い中、当時の安倍首相が長期政権のレガシーにしようとしていたのが、北方領土問題の解決でした」(政治部デスク)

 16年12月、プーチンが安倍氏の地元・山口県長門市を訪れた「長門会談」。平和条約締結に向け、共同経済活動など「新しいアプローチ」下の交渉で合意した。だが、交渉に携わった元外務省幹部はこう嘆く。

「プーチンが領土に触れることはなく、カネさえ得られればよかった。だから共同経済活動を持ち出したことに拍手していました。私たちが懸念を示しても、安倍氏は『プーチンはやるから』と言うだけでした」

 ここから安倍氏の“接待”は加速していく。

27回もの首脳会談を重ねた

 例えば、遅刻魔で知られるプーチンへの対応だ。長門会談では約2時間40分遅刻し、ドイツのメルケル首相(当時)を4時間待たせたこともあるプーチン。17年4月に行われたモスクワでの日ロ首脳会談も約30分遅刻していたが、安倍氏は怒るどころか、

「今回は早かったね」

 と上機嫌だったという。

 戦車を“おもてなし”に使ったこともあった。17年12月、陸上自衛隊・東富士演習場(静岡県)。姿を見せたのは、ロシア軍のゲラシモフ参謀総長だ。14年のクリミア占領作戦で指揮を取るなど、プーチンからの信頼も厚い人物。ロシア軍トップが西側諸国を訪問すること自体が異例だが、

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年3月31日号

文春リークス
閉じる