週刊文春 電子版

制裁の裏で天然ガスを…EUの二枚舌に騙されるな

「週刊文春」編集部
ニュース 政治 経済 国際

「ロシア産の原油にウクライナの血のにおいを感じないのか?」

 対ロ経済制裁の最中、英石油大手シェル社が原油購入を続けていたことが発覚し、ウクライナのクレバ外相はツイッターでそう怒りを露わにした。

 EUは3月2日、SWIFT(国際銀行間通信協会)からロシアの金融機関の排除を決定。まず大手銀行を対象に国際決済から締め出した。EUのフォンデアライエン欧州委員長は「これはEUの歴史上、最大の制裁措置だ」と力説している。

 さらに11日には、エネルギー産業への新規投資や鉄鋼製品の輸入禁止などの追加制裁を発表。フランスのマクロン大統領は演説で「制裁にタブーはない」と強調し、ルメール財務相も「我々はロシア経済を崩壊させる」と息巻いた。

フランスのマクロン大統領

 だが、ウクライナのゼレンスキー大統領は17日にビデオ参加したドイツ連邦議会で、EU随一の経済大国ドイツに不満をぶつけた。

「モスクワは侵略資金調達のため欧州を利用しており、制裁はそれを阻止するのに十分でない。ドイツは経済への打撃を恐れ、最も厳しい制裁を躊躇している」

ドイツのショルツ首相

 実はEUの経済制裁には“抜け穴”があるのだ。

「SWIFTからの排除もロシア最大手のズベルバンクと国営ガス会社傘下のガスプロムバンクは見送った。米英がガスと石油を禁輸した一方、EUはロシアにエネルギーの多くを依存するため、貿易の決済網を残す狙いです」(経済部記者)

 中でもドイツは天然ガスの約55%をロシアから輸入している。

「ドイツはパイプラインで新たにガス供給を受ける『ノルドストリーム2』計画の承認申請を停止しましたが、既存のラインは維持されたまま。実はウクライナ侵攻以降、EUのロシア産天然ガスの輸入量は減るどころか1.3倍ほどに増加していた」(商社関係者)

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年3月31日号

文春リークス
閉じる