週刊文春 電子版

侵攻を予測、プーチンはサイボーグ 中村逸郎教授の正体

「週刊文春ムック」編集部
ニュース 社会 国際 メディア

「小泉さん、廣瀬さんで今度は私ですか(苦笑)」

 印象的な黒縁メガネとしゃがれ声でそう語るのは、筑波大学教授の中村逸郎氏(65)。今回の侵攻を予測した数少ない専門家の一人だ。

「救世主はトランプ」とも

 小泉悠氏、廣瀬陽子氏と並んで露出が目立つ中村氏。昨年2月発売の『ロシアを決して信じるな』(新潮新書)も4刷が決定したという。そんなロシア研究の第一人者に話を聞いた。

小泉氏
廣瀬氏

「5歳の時にキューバ危機が起きました。教師だった父から『戦争になる』と聞かされ、一人で洞窟を掘って避難したりして。子ども心にソ連は“怖い存在”と怯えていたんですね。その後、小、中、高と進むにつれ、どんな国か深い興味を持つようになりました」

 学習院大学に入学するとソ連研究を開始。ソ連共産党をテーマに博士論文を執筆したのだが、学内で大きな物議を醸したという。

「共産党末端組織の秘密文書5000頁を入手して論文を書いたんです。それまで共産党には得体の知れない恐ろしいイメージがあったのですが、実は夫婦喧嘩の仲裁など市民の悩みを聞くことが党員の主な職務と判明して驚いた。審査では内容そっちのけで入手にいたる細かい経緯を徹底的に尋ねられ、まるで犯罪者のように扱われました(笑)」

 以来、毎年ロシアを訪れているという中村氏。では、「ロシアを決して信じなくなった」キッカケは?

「4年前、モスクワの地下道を歩いていると前方の男性がポケットからビニール袋を落としました。中には100ドル札の束が。拾い上げ、男性に手渡すと、笑顔で感謝してくれました。でも次の瞬間、男性はもう片方のポケットを探りながら、もう一つのビニール袋がないと叫ぶんです。警察官が走り寄ってきて、持ち物検査までされた。幸いドル札を持っていなかったので、難を逃れましたが……。人間の善意を逆手に取り、一瞬にして恐怖に陥れる。自分がどんな国を研究してきたのか、戦慄が走りました」

 テレビ出演の機会が増えたのは、ソチ五輪が開催された2014年頃。バラエティ番組では「プーチンはサイボーグ」と、まるで“都市伝説”のような情報を披露したことも。

「プーチンは記憶力が凄くて、手元に資料を置かずスラスラと話す。70歳前とはとても思えません。19年の大阪G20で来日した際も、首脳で唯一人ワインを飲まずに謎のボトルに入った飲料を飲んでいた。特殊な燃料か、とロシアでも盛り上がりました。プーチンの人間離れしたエピソードをサイボーグ説と紹介しただけなんですが、皆さんの印象に残ったようで……」

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年3月31日号

文春リークス
閉じる