侵攻を予測、プーチンはサイボーグ 中村逸郎教授の正体

「週刊文春ムック」編集部
ニュース 社会 国際 メディア

「小泉さん、廣瀬さんで今度は私ですか(苦笑)」

 印象的な黒縁メガネとしゃがれ声でそう語るのは、筑波大学教授の中村逸郎氏(65)。今回の侵攻を予測した数少ない専門家の一人だ。

「救世主はトランプ」とも

 小泉悠氏、廣瀬陽子氏と並んで露出が目立つ中村氏。昨年2月発売の『ロシアを決して信じるな』(新潮新書)も4刷が決定したという。そんなロシア研究の第一人者に話を聞いた。

小泉氏
廣瀬氏

「5歳の時にキューバ危機が起きました。教師だった父から『戦争になる』と聞かされ、一人で洞窟を掘って避難したりして。子ども心にソ連は“怖い存在”と怯えていたんですね。その後、小、中、高と進むにつれ、どんな国か深い興味を持つようになりました」

 学習院大学に入学するとソ連研究を開始。ソ連共産党をテーマに博士論文を執筆したのだが、学内で大きな物議を醸したという。

「共産党末端組織の秘密文書5000頁を入手して論文を書いたんです。それまで共産党には得体の知れない恐ろしいイメージがあったのですが、実は夫婦喧嘩の仲裁など市民の悩みを聞くことが党員の主な職務と判明して驚いた。審査では内容そっちのけで入手にいたる細かい経緯を徹底的に尋ねられ、まるで犯罪者のように扱われました(笑)」

 以来、毎年ロシアを訪れているという中村氏。では、「ロシアを決して信じなくなった」キッカケは?

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 解説番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春 2022年3月31日号

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫