週刊文春 電子版

検証・コロナはもう大丈夫なのか

「週刊文春」編集部
ニュース 社会 医療

 まん延防止等重点措置が3月21日をもって全面解除された。だが歓送迎会、お花見のシーズンに突入し、減少傾向だった新規感染者数も東京都では27日から3日連続で前週同曜日を上回った。一方で28日、死亡者は約2カ月ぶりに0人を記録。

 コロナは今、どこまで「大丈夫」と言えるのか? データから検証する。

 

◯死者 半数超はコロナ以外が原因
◯70代でも感染者の致死率は10分の1
◯感染は女性 重症化は男性

 

「15ある重症病床のうち、先週は12、3人入っていましたが、3月28日は8人。だいぶ減ってきています。とはいっても、去年の今頃の第4波に比べ、まだまだ感染者数はケタ違いに多い」

 そう語るのは、大阪府南河内エリアで重篤な患者を受け入れ、三次救急も担う近畿大学病院の東田有智病院長だ。

 大阪では3月28日までの累計死者数4607人、27日時点の重症者数は401人(国基準)で、いずれも全国最多。人口が約1.6倍の東京の4141人、378人をそれぞれ上回っている。

 大阪の現状を、太融寺町谷口医院(大阪市)の谷口恭院長が語る。

「第6波は、若年層の感染が多いことが特徴。私の診療所も若い患者さんが多いのですが、検査希望者が3月中旬から激減しているのが気になる。『コロナと思ったけど、放っておいた』などと答える方もいます。大阪は東京に比べて高齢者との同居が多いため、そうした若者が高齢者に感染させていると考えられます」

 大阪の新規陽性者のうち10歳代以下の占める割合は、第5波(昨年6月〜12月)は22.2%だった。それが直近(3月1日〜13日)では34.1%に上昇している。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年4月7日号

文春リークス
閉じる