週刊文春 電子版

無料公開中

小林麻耶の“整体師夫”國光吟氏 自称「EXILEのバックダンサー」の過去を取材すると…

スクープ速報

「週刊文春」編集部
エンタメ 芸能

 YouTubeやブログなどで、歌舞伎役者の市川海老蔵(44)に関する批判を重ねるフリーアナウンサーの小林麻耶(42)。揃ってブログの更新を続けているのが、元夫で整体師の國光吟氏(38)だ。麻耶の行動に大きな影響を与えていると見られるキーマンの國光氏は、現在の仕事に就く前に、EXILEのバックダンサーを務めていたなどと明かしてきた。

3月28日に再婚することを発表

 3月10日には自身のブログで、昨年4月に麻耶と離婚していたことを公表。その後、麻耶はブログなどで、亡き妹・小林麻央(享年34)の夫だった海老蔵の批判を連日のように重ねている。そして、3月28日には一転、2人は再婚することを決めたと発表した(発表時点では未入籍)。

離婚したはずの國光氏と麻耶(國光氏のYouTubeより)

 國光氏は神奈川県藤沢市出身。2000年代前半に地元の公立高校を卒業した。

「30歳前後までアルバイト生活で、実家や友人の家を転々としていた」(知人)

 そんな中、アルバイト先の一つだった整体院で、自らの力に“開眼”したという。その整体院が施していたのは、「宇宙整体」という施術。同院の院長はかつて、「週刊文春」の取材に以下のように語っていた。

「元々は腰痛ヘルニアの“治療”で見えた患者さん。宇宙整体の施術を受けたことで、感じとるチカラが上がっていきました」

EXILEの事務所関係者は「週刊文春」の取材に…

 その國光氏は、自身が身体のコンディショニングに歩み始めた経緯について、過去に自らのHP(現在は閉鎖)で以下のように記していた。

國光氏のブログ

 <ブレイクダンスを始め、後にヒップホップダンスに興味を持ちヒップホップダンスに転向する。EXILE、SuG等アーティストのバックダンスやPV出演の機会を頂く。身体の能力開発に興味を持ち始める。そこでコンディショニングと意識の働きの重要性に気づき追求を始める>

 実際、周囲にも「若い頃はEXILEのバックダンサーをしていた」と語っていたという。

EXILE ©文藝春秋

 だが、EXILEの事務所関係者はこう証言する。

「國光氏は事務所のダンススクールに通っていましたから、月謝を払って舞台に出ていた形。何百人もいる生徒のうちの1人です」

 國光氏の自宅を訪ねたところ、以下のように応じた。

「はいはいはいはいはい。ちゃんと読めてない」

――週刊文春です。

「僕のね、ブログを全部読んでから来てください」

――全部読みました。

「質問してみてください」

昨年11月、「離婚報道」の最中、仲睦まじく歩く2人

――このタイミングで何度もブログを……。

「はいはいはいはいはい。ちゃんと読めてない。はい、終わり」

 1日80件を超えるブログの更新で、世間を騒がせている麻耶。一方で、自らへの非難に対して沈黙を守る海老蔵。一体、2人の間に何が起きているのか――。

小林麻耶のブログ

 3月30日(水)12時配信の「週刊文春 電子版」および3月31日(木)発売の「週刊文春」では、「小林麻耶『暴露』全内幕」と題し、麻耶がTBSのスターアナだった時代、元日本ハム・斎藤佑樹との伊勢神宮デート、國光氏と出会ったキッカケや結婚の経緯、有料ブログに記した神田沙也加の“降臨”、海老蔵との借金トラブルなど告発した内容の真偽、海老蔵が周辺に吐露した複雑な心境など、詳報している。

source : 週刊文春 2022年4月7日号

文春リークス
閉じる