週刊文春 電子版

追悼・藤子不二雄Ⓐ まんが道は酒とゴルフに通ず

秘蔵写真で振り返る

「週刊文春」編集部
エンタメ 芸能

 現代漫画の礎を築いた巨匠がまた一人この世を去った。

 7日、漫画家の藤子不二雄Ⓐ(本名・安孫子素雄)さんが88歳で逝去。これまで「忍者ハットリくん」や「まんが道」など数多くの人気作品を世に送り出してきた。

撮影 文藝春秋写真部

 約20年親交がある北山グループ会長の田中菊雄さんが話す。

「1週間ほど前に電話で話したとき、『どうも朝起きると調子がすぐれない』と話していたんです。それでも電話口の声は元気そうで、今月25日に行われる予定のゴルフコンペに参加する約束をしたばかりだったのですが……」

 藤子さんはとにかくゴルフに夢中だったという。

撮影 文藝春秋写真部

「3回ボールを叩いてから打つのが先生流。ゴルフ用品は長年マジェスティでしたが、最近はヤマハをよく使っていた。新製品が出る度に買うので、玄関は半分以上ゴルフ用品で埋まっていました。『奥さんにバレないようにすぐ包装を外して紛れ込ませるんだ』と笑いながら話していました」(同前)

 ゴルフの後は必ずお酒を楽しんだ。行きつけの居酒屋「第二力酒蔵」の黒田哲郎店長が振り返る。

「飲まれるのは日本酒と麦焼酎。お寺のご出身だから肉魚はあまり召し上がらなかったけど、富山への地元愛からか白エビの唐揚げや氷見のブリは食べていました」

撮影 文藝春秋写真部

 気さくな人柄でサービス精神も旺盛だったという。

「お客さんから写真や絵を求められれば嫌な顔一つせずに応じていました。笑い話もお好きで、『銀座のクラブで女の子にサインくださいと言われたから喜んでいたら請求書だったんだよ』なんて。『モーニング娘。』のライブに呼ばれた際に楽屋で撮ったメンバーとの写真を『いいだろ〜』って見せに来たこともありました」(同前)

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年4月21日号

文春リークス
閉じる