週刊文春 電子版

園子温に「性要求」を直撃した! 水原希子が語る「芸能界の性加害」

「週刊文春」編集部

PICKUP!

エンタメ 芸能

 小誌は映画監督の榊英雄氏(51)、俳優の木下ほうか(58)から「性加害」を受けた女優たちの告発を報じてきた。そんな中、「週刊女性」(4月5日発売号)は園子温監督(60)の性要求疑惑を報じた。

園子温氏

 園氏といえば09年の「愛のむきだし」でベルリン国際映画祭のカリガリ賞、国際批評家連盟賞をW受賞するなど世界的に高い評価を受ける、日本を代表する監督の一人だ。

 同記事では園氏は性的関係の見返りに女優を映画に出演させていたとし、「主演女優にはだいたい手を出した」と話していたと綴っている。さらにネット版では〈フェラして〉などの園氏が送ったLINEも掲載された。園氏は公式サイトに「お騒がせをしてしまっていることにつきまして、深くお詫びいたします」と直筆のコメントを掲載。一方で、「事実と異なる点が多く」、「しかるべき措置」を取ると反論した。園氏の知人が話す。

「園さんは来年WOWOWで放送予定の新作ドラマを愛知で撮影中でした。主演は東出昌大でコンセプトは『ちょっとエッチな怪奇・心霊ミステリー』という学園コメディ。報道後、監督を降板しました」

 取材を申し込むと園氏と代理人弁護士が応じた。

――しかるべき措置とは?

代理人「民事の損害賠償請求と刑事告訴を準備しています。園さんのこれまでの言動の中で女性を不快にさせるようなことが一部あったことは認める。しかし、性的な関係と引き換えに女優を出演させたとか、主演したほとんどの女優と性的関係があるというのは事実とまったく異なります」

――LINEなどの物的証拠については?

代理人「酔っぱらっていて、そのようなLINEを送ったのは事実。それが不適切な言動だったのも間違いない。しかし、いきなり無差別に送ることはなく、ある程度関係性が築かれた中で送っていた。ただそうした要求と引き換えに役が決まるというのは事実無根です。また(記事中の元女優)Cさんに乱暴に性的行為を迫ったとありますが、そうしたこともありません」

――「主演女優にはだいたい手を出した」とある。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年4月21日号

文春リークス
閉じる