週刊文春 電子版

教え子強姦、担任クラス盗撮、児童ポルノ1000点…東京のロリコン教師46歳はなぜ野放しになったのか

「週刊文春」編集部
ニュース 社会 教育

 今年2月12日、横浜市の日産スタジアム。午後1時35分から浦和レッズと川崎フロンターレが激突するサッカーのスーパーカップが始まろうとしていた。会場でレッズサポーターを仕切るずんぐりとした巨躯の男を見つけると、警視庁捜査員は真っ直ぐ歩を進めてこう声をかけた。

「ちょっと話がある」

 それは“ロリコン教師”がついに連行された瞬間だった。

 その日、児童買春・ポルノ禁止法違反(所持)容疑で逮捕された男の正体は、東京都江東区のA小学校で教鞭を執る河嶌健(かわしまけん)(46)。3月7日に同法違反(製造)容疑、4月2日には元教え子に対する強姦容疑と、これまで計3回逮捕されている。

河嶌容疑者(B小の卒業アルバムより)

 実はこの男、5年前の2017年にも別の小学校でわいせつな行為を繰り返し、東京都の教育委員会から停職処分を受けていた。その時、教職から追放されていれば、後の被害を防げた可能性があったのだ――。

 13年から河嶌が赴任していたのは、板橋区内のB小学校。地元に住む高校生の少年は小4の時、河嶌がクラス担任だったという。

「授業中、河嶌先生が女子を一人呼び出して、別室に行くことが何度かあったんです。しばらくして、その子は泣いて戻ってくる。何があったのかは教えてくれませんでした。先生は毎日女子たちに抱きついたりしていたので、説教じゃなくてセクハラがあったんじゃないかと話題になりました」

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年4月21日号

文春リークス
閉じる