週刊文春 電子版

「元記者」vs.「元シスター」女性スナイパー対決

ウクライナ戦争「7つの核心」

「週刊文春」編集部
ニュース 国際

「オレーナ・ビロゼルスカはロシア軍に殺された」

 ウクライナの女性スナイパー(狙撃手)について、3月30日、ロシアメディアはこう報じたのだが……。

 スナイパーと言えば「ゴルゴ13」のようなイメージを思い浮かべる人も多いが、一体どんな兵士なのか。元陸将で千葉科学大学客員教授の山下裕貴氏が語る。

「長距離から専用の狙撃銃で射撃する兵士です。スポッター(観測手)という周囲の警戒や情報収集、照準データなどの指示を担う兵士と二人一組で行動します。彼らは敵陣深くまで潜入し、狙撃の機会を辛抱強く待つ。そして、敵の指揮官や特殊装備を持った兵士を長距離から狙います。普通の小銃は有効射程約三百メートルですが、狙撃銃は約800メートル以上です」

 元陸上自衛隊の狙撃教官、松岡勝樹氏が続ける。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年4月28日号

文春リークス
閉じる