週刊文春 電子版

小池栄子 運命を変えた知られざる「高1水着写真」

「週刊文春」編集部
エンタメ 芸能

 NHK大河「鎌倉殿の13人」で、“尼将軍”こと北条政子役を熱演中の小池栄子(41)。26年前、小池を最初に見出した“社長”が、知られざる女優デビュー秘話を明かす。

実家は下北沢でパチンコ店を経営していた

「いろんなところからスカウトされ、名刺をいただきました。(所属先を決めたのは)当時の社長が魅力的だったので。押しが強く面白い方でした」

 3月11日、NHK「あさイチ」にゲスト出演した小池は、芸能界入りのきっかけをこう振り返った。

 名前は出さなかったものの、社長といえば、小池がかつて所属した「イエローキャブ」の名物社長・野田義治氏を思い浮かべる方が多いだろう。

 だが、小池が野田氏のもと“巨乳グラドル”として売り出される前――、短期間だけ別の事務所に所属していた事実は、世間でほとんど知られていない。

「今や大女優ですが、彼女は高校生の時から『時間がかかってもいいので、女優になりたいんです』と真剣に話していました」

 そう目を細めるのは、小池をスカウトした元プロダクション社長のA氏だ。1996年7月。渋谷「109」近くの路上で声をかけたのが、当時高校1年生の小池だった。A氏の回想。

A氏が宣材に使った高1の小池の写真

「友達と2人で歩いていた小池は、白いサマーニットにパンツルック。コギャル全盛の時代でしたから、それに比べたら地味な、普通の女の子でした」

 が、話してみると、受け答えが明快で、頭の回転も速い。名刺を受け取った小池は、A氏の目をしっかり見て毅然とこう話した。

「私、よくスカウトされるんですけど、信用していいか分からないので、必ず父に相談しているんです」

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年5月5日・12日号

文春リークス
閉じる