週刊文春 電子版

河瀬直美監督の「腹蹴り」でカメラマンが途中降板していた

「週刊文春」編集部
エンタメ 芸能

「何するの!」

 

 駅前に女性の大声が響いた。2019年5月某日、広島市でのことだ。当時20代のまだ若い男性に対し、怒りを露わにしていたこの女性は、映画監督の河瀬直美氏(52)その人である。

女優としても映画に出演している

 河瀬氏といえば、今や日本を代表する映画監督だ。07年の「殯(もがり)の森」がカンヌ国際映画祭で最高賞に次ぐグランプリを受賞するなど、国際的な評価も高い。

 東京五輪公式記録映画の総監督を務め、25年開催予定の大阪・関西万博においては、プロデューサーのひとりに就任。映画監督の枠を飛び越え、国家的イベントの大役に抜擢され続けている。4月18日に開かれた万博の構想発表会では「命の奇跡を伝えたい」と語った。

 そんな名匠を襲ったのが昨年12月放送のNHK BS1スペシャル「河瀬直美が見つめた東京五輪」の、“字幕捏造”問題だった。

「河瀬直美が見つめた東京五輪」(NHK)より

 五輪記録映画の指揮をとる河瀬氏にNHKが密着した番組だったが、不審な場面が……。

「番組中、スタッフがとある男性を取材するシーンがあり『五輪反対デモに参加しているという男性』『実はお金をもらって動員されていると打ち明けた』と字幕が出た。事実なら衝撃的な内容でした」(放送記者)

 しかし、字幕と男性が話す内容とが一致しないとの指摘が視聴者から噴出。

「NHKは慌てて調査し、2月に『字幕は誤りだった』と認め謝罪。関わった職員6人が処分された」(同前)

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年5月5日・12日号

文春リークス
閉じる