週刊文春 電子版

市川猿之助『鎌倉殿』怪僧が「三谷幸喜さんには言わない話」

文春歌舞伎!

「週刊文春」編集部
エンタメ 芸能
 鎌倉時代には先が読めない面白さがある――話題の大河の脚本家・三谷幸喜はそう言うが、演じる俳優は何を思う? 本誌が聞いた、ここだけの話。

 

 スーパー歌舞伎Ⅱ『ワンピース』で主人公ルフィに扮したかと思えば、ドラマ『半沢直樹』ではメガバンクのクセがスゴい証券営業部長役で話題を集めた――。放送中の『鎌倉殿の13人』(NHK日曜20時)で鎌倉と朝廷に関係を築きながら空海、最澄とゆかりが深い名刹神護寺を復興した僧・文覚(もんがく)を怪演中の市川猿之助さんが、大河ドラマをおおいに語る。
 
『ワンピース』ではルフィ役

 主人公の北条義時(小栗旬)だけでなく、源頼朝(大泉洋)や義経(菅田将暉)、後白河法皇(西田敏行)と、どのキャラクターも個性的です。三谷幸喜さんの脚本だからもちろんなんですが、過去に三谷さんとお仕事をしたことのある俳優さんを多く起用している、実はそこに登場人物を活き活きと見せる工夫がなされているのではないでしょうか。

幕末、戦国の次は鎌倉大河を描く三谷

 三谷さんは役者のことを本当によく見ていて、それが役に練り込んである。多分ですね、今回の文覚は三谷さんがいまでも僕に“恨み”に思っていることを根っこにして書いているんじゃないでしょうか。

 僕は2006年に渋谷のパルコ劇場で三谷さんとお仕事をさせていただきました。まだ、劇場の地下に書店があったころですよ。

 その舞台期間中、三谷さんから、何かお薦めの本はないかと訊かれたので、僕はある本の名前をお伝えしたんです。

 しばらくして書店で三谷さんとお会いしましてね。「これ、亀治郎君に薦められた本だよ」と見せて下さったので、僕は、「あ、僕は読んでないです」と言ったんです。そうしたら、「キミはね、自分が読んだことのない本を読んだかのごとく堂々と薦めるのか!」と冗談半分で怒ってらした(笑)。

これは地で演ればいいな

 三谷さんにはその出来事が強く残っていると思いますよ。文覚が頼朝に「これこそが義朝殿(父上)のしゃれこうべでござるぞ!」と父親の無念をチラつかせて平家打倒の挙兵を迫る場面がありましたよね。でも騙(かた)りを見抜かれて追い返されてしまう。文覚は髑髏を持ち帰ろうともせずに「ほかにもまだある(持ってる)から」と言い放って立ち去りましたけど、それって僕のいい加減なハッタリが念頭にありますよ。脚本読んで分かりましたから。だから、これは地で演(や)ればいいなと思ったんです(笑)。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年5月5日・12日号

文春リークス
閉じる