週刊文春 電子版

“35歳差お泊まり”から12年 秋元才加「脱アイドル」

THIS WEEK「芸能」

「週刊文春」編集部
エンタメ 芸能

 元AKB48の秋元才加(さやか)(33)が「鎌倉殿の13人」に、木曽義仲(青木崇高)の妾・巴御前役で出演した。これが大河初出演。

テレ東深夜「メンタル強め美女白川さん」にも出演中

「脚本の三谷幸喜氏は『目力があって凜としている』と秋元を気に入っており、2014年にも舞台『国民の映画』の再演に起用。今回は筋肉質の体型を活かし、義仲と共に戦う勇敢な女武将を演じた」(放送記者)

 秋元は日本人の父とフィリピン人の母との間に生まれた。父親は秋元曰く「フーテンの寅さんのような人」で、ときに電気を止められるほど家計は逼迫。また、母親の故郷の習慣でピアスをするなど、目立つがゆえにイジメに遭ったことも告白している。芸能界を志し、高校2年時の06年、AKBの第2期オーディションに合格した。

「キリッとしたルックスで当初から異彩を放った。AKBの選抜総選挙では09年の第1回で12位と“中の上”」(芸能記者)

 10年には「チームK」のキャプテンに就任。

「バスケや合気道で鍛えた体育会的キャラと、歯切れのいい物言いを運営サイドに買われての起用。同期の大島優子(33)とともにチームKの両輪としてファンに支持された」(同前)

 同年10月には「笑っていいとも!」に出演開始。だが直後、スキャンダル発生。AKBの舞台演出を手掛けていた広井王子氏が秋元の部屋に通う“お泊まりデート”を小誌が報じたのだ。

「35歳上の広井氏は『芝居の話をしていた』と弁明。秋元はキャプテン辞任に至った。翌年、東京マラソン完走という“禊”を経て早々にキャプテン復帰。だが、秋元のリーダーシップを支持していたファンの失望は大きく、後輩の士気にも影響したといわれる」(同前)

 AKB卒業は13年。最後の総選挙は20位で、選抜メンバーからは洩れた。

 卒業後は舞台や、連ドラへの単発出演などが多いが、20年にハリウッド映画『山猫は眠らない8』のスナイパー役をオーディションで掴む快挙。私生活では同じくフィリピンにルーツを持つ大相撲の髙安との仲が噂に上ったこともあったが、20年、ラッパーのPUNPEEと結婚した。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年5月19日号

文春リークス
閉じる