週刊文春 電子版

京田に「今すぐ名古屋に帰れ」中日立浪監督が壊したメンタル

THIS WEEK「スポーツ」

「週刊文春」編集部
エンタメ スポーツ

「ベンチ裏で突然、『今すぐ名古屋に帰れ!』と怒号が飛び、周囲はあ然としていました」(球団関係者)

 5月4日、横浜スタジアムでDeNA・大和の二遊間ゴロを弾き、内野安打を許した中日の遊撃手・京田陽太(28)。怒った立浪和義監督(52)は直後の京田の打席で代打を送り、試合中にもかかわらず、名古屋の2軍に“強制送還”した。

京田に直接指導する立浪監督

 プロ6年目の京田は立浪監督から堅守が評価される一方、課題の打撃もつきっきりで指導を受けてきた。

「青森山田高、日大時代を通して生真面目な性格で、監督が『やめろ』というまで練習するタイプ。目標は同じ遊撃手の元阪神・鳥谷敬で、道具から仕草まで球界随一の“鳥谷マニア”を自負しています」(同前)

 今季、「143試合ショートで出られる体力があるのは京田しかいない」と期待し、打率1割5分台でも使い続けた立浪監督。なぜ堪忍袋の緒が切れたのか。

「常に自信なさげな態度だからです。練習中も首を傾げては『これでいいのかな……』と呟き、教えた打ち方をコロコロ変えてしまう。立浪さんは若手の石川昂弥などに、闘志を見せない京田の暗いムードが『伝播したらマズい』と苦い顔をしていました」(番記者)

 4日の試合後、「全く精彩がない。戦う顔をしていない」と京田を糾弾した立浪監督。さらに翌5日、得点圏打率1割台と低迷する主砲・ビシエドにも「(打撃の)スタイルを変えてくれないと。頭が痛いですわ」とボヤき、4番剥奪も示唆するなど怒りを露わに。

 ただ、これまで“強面”を表に出すことはなかった。

「星野政権時代は頻繁にあった“即2軍落ち”も14年の谷繁政権以降は激減。昨季までの与田監督は『選手に嫌われたくない』とその傾向が顕著でした。立浪監督も茶髪、ヒゲを禁止したが、一方的に怒鳴りつけるスパルタ式は『今の時代に合わない』と我慢してきた。古株スタッフは『立浪さんが仏になった。どうしちゃったのか』と心配していたほどです(笑)」(同前)

 だが、ついに地金が――。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年5月19日号

文春リークス
閉じる