週刊文春 電子版

無料公開中

「社会保険加入を拒否された」現役従業員が「くら寿司」をパワハラで提訴へ

スクープ速報

「週刊文春」編集部
ビジネス 社会 企業 働き方

 大手寿司チェーン「くら寿司」の現役従業員がパワハラを受けたとして、同社と上司の二者を相手取り、訴訟を起こす意向であることが「週刊文春」の取材でわかった。

「くら寿司」は回転寿司業界の最大手企業。国内外に567の店舗を構え、社員・アルバイト・パートを合わせた従業員数は1万8524名にのぼる(2021年10月末時点)。

従業員数は1万8524名にのぼる

 訴訟を起こす意向を示しているのは、埼玉事務所にパートとして勤務する事務スタッフ。弁護士同席のもとで取材に応じ、「夏までに数百万円の損害賠償を求める訴状を出す予定です」と明かした。

 この事務スタッフは勤続11年目。入社当初からずっと「勤務時間を延ばして社会保険に加入させてほしい」と会社に伝えてきたという。くら寿司の場合、パートの社会保険加入は「週20時間以上の勤務」等が条件となる。また、埼玉事務所の採用サイトには〈希望すれば(社会保険に)加入できる〉と明記されている。実際、事務所に勤務するパートの大半が社会保険に加入している。しかし、この事務スタッフの要望だけは放置され続けているという。

 なぜ自分だけ加入できないのか。上司に説明を求めると、こう一蹴されたと語る。

「社会保険には“枠”があるんだ。今それが一杯だから、あなたを加入させることはできない」

提訴する意向を示した従業員が勤務する埼玉事務所

 事務スタッフが怒りを滲ませて明かす。

「納得がいかなかったので、18年に労務を管理する部署に問い合わせたところ、『社会保険の枠などありません』と説明されました。上司は私を加入させないため、ありもしない理由を述べていたんです」

 問い合わせたことを知った上司は、「ふざけんなよ、クソ!」と吐き捨てたという。

「以前、同僚の暴言等に悩んで労基署に相談したことがあったので、“要注意人物”としてマークされていたのかもしれません」(同前)

くら寿司本社〈当社としては遺憾に堪えないところです〉

 くら寿司本社にパワハラ被害や社会保険の“加入拒否”について事実関係を確認したところ、以下の回答があった。

〈ご照会の事項には、既に当社と係争中の案件に関するものも含まれておりますので、ご回答は差し控えさせていただきます。

 なお、ご照会の事項については、数年前の当社における業務でのやりとりに関し、時期等も含めご本人の明らかな誤認識や記憶違いであるものや、その当時に当社への内部通報等もなされていなかったものが多数ありますが、これらを取り上げて一方の当事者からの断片的な情報が、さも真実であるかのように報じられることに対しては、当社としては遺憾に堪えないところです〉

 くら寿司を巡っては、4月1日に山梨県甲府市にある店舗の店長が店の駐車場で焼身自殺していたこと、自死の背景に上司のパワハラがあったことなどを小誌が2度にわたり報じた。報道を受け、全国の従業員、元従業員から「私もくら寿司でパワハラを受けた」という告発が編集部に続々と寄せられている。

中村店長が乗っていた車
〈仕事のことを考えると吐き気が〉とのツイートも

 

中村さんのツイートには、苦しみが綴られていた

 5月10日(火)12時配信の「週刊文春 電子版」及び5月11日(水)発売の「週刊文春」では、訴訟を起こす意向を示している従業員の告発のほか、「寿司の皿を投げつけられた」「『死ねやカスが!』と罵声を浴びせられた」「ハサミを投げつけられた」など、元従業員たちが受けたパワハラ被害を詳報している。

source : 週刊文春 2022年5月19日号

文春リークス
閉じる