週刊文春 電子版

みなで歌おう|林真理子

夜ふけのなわとび 第1745回

林 真理子
ライフ ライフスタイル

 先週、中条きよしさんの名曲「うそ」について書いた。

 そのためYouTubeで、ずーっとこの曲を流し、すっかりハマってしまった。心にしみいる、甘く官能的な歌声。なんて素敵な歌詞なんだろう。

 このページの担当編集者も、

「昭和の黄金期の、歌謡曲ってたまりませんねー」

 とLINEでおくってきた。

 これほど情景が浮かぶ歌が、最近あるだろうか、歌手は希望がどうしただの、僕は悲しいんだとかなんちゃら……。

 ある人が書いている。昔はプロの作詞家にプロの作曲家がつき、歌手の歌唱力とが合わさって、3倍にも5倍にも世界が拡がった。しかし今のアーティストは、全て自分でやろうとする。うまくいく時はいいのだが、たいていはスモールワールドになってしまう。

 私たちの時代は、ユーミンとか井上陽水さん、中島みゆきさんといった、とてつもない天才が出現し、すごい歌を聞かせてくれた。歌詞と曲が完璧にからみ合うのは、自分でつくっているから。

 現代のアーティストも、同じ条件だが、曲のパワーが年々下がっていると感じるのは私だけだろうか。「若者たちのカリスマ」と紹介されるが、ふうーんという感じ。ちょっと流行ってすぐに消えてしまう。

 こういうことを書くと、年寄りはだからダメなんだと言われそう。黙って「うそ」を聞きましょう。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年5月26日号

文春リークス
閉じる