週刊文春 電子版

ネットジェンダー|林真理子

夜ふけのなわとび 第1744回

林 真理子
ライフ ライフスタイル

 中条きよしさんが、日本維新の会から今度の参院選に立候補するらしい。

 中条きよしさんか、懐かしいなあ。最近は俳優のイメージが強いかもしれないが、私にとっては大ヒットをとばした二枚め歌手。

 ホストっぽい、というとこれから政治家を志す方には失礼かもしれないが、おミズっぽいにおいは確かにある。ドキドキするほど色気をたたえた昭和の色男。

 この方の大ヒット曲「うそ」なんか好きだったなあ。

 ある人のエッセイを読んでいたら、

「日本の歌謡曲は、昔からジェンダーフリーである」

 という面白い指摘があった。

 男性が女心を歌い上げることがある、というのだ。女性の方も、男の意地や侠気を歌う伝統があった。美空ひばりさんの「柔(やわら)」とか、着流しで歌う水前寺清子さんの一連の歌。ズバリ「ああ男なら男なら」なんていうのもある。

 そう、昭和のあの頃、一連の「おミズシリーズ」もあったっけ。これは男性歌手が、水商売の女性の心を表現する。おミズといっても、そこいらのスナックやバーではない、銀座の女性と私は推測する。中条きよしさんの「うそ」は、その代表作。

「折れた煙草の吸いがらで あなたの嘘がわかるのよ」

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年5月19日号

文春リークス
閉じる