週刊文春 電子版

「やんちゃ坊主海老蔵が團十郎になる日」|林真理子

夜ふけのなわとび 特別編

林 真理子
エンタメ 芸能

 この男には華がある――。当代随一の色男の素顔、歌舞伎界最高峰の大名跡・市川團十郎襲名の未来。歌舞伎を見て30年の林真理子さんが語る。

 あのやんちゃ坊主だった市川海老蔵さんが、ついに襲名して「十三代目市川團十郎白猿(はくえん)」になる――。2020年5月から始まる予定だった襲名披露公演は残念ながらコロナ禍で延期されたままですが、とても感慨深いものがあります。

 

 実は私、まだ高校生で新之助と名乗っていた海老蔵さんと同じところで、日本舞踊の稽古をしていました。藤間藤太郎(ふじまとうたろう)先生のところに、私は30代後半の6年間習っていましたが、そこに海老蔵さんは女形の踊りの稽古のために通っていたんです。

 最初の発表会、私は国立劇場で『藤娘(ふじむすめ)』を披露しました。私が「どっこいしょ」って感じで立ち上がったら、爆笑が起きた。それを見に来ていた海老蔵さんは鮮明に覚えていたそうで、20年以上経ってから、最近こう言われました。

「あれは、どういう神経でやったの?」

 別に人様からお金をとっているわけじゃないからいいじゃないですかって言い返しましたけど、失礼しちゃいますよね(笑)。

 初めて会った頃の海老蔵さんは、まだ遊びたい盛りで、かわいらしいやんちゃ坊主という感じでした。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年5月5日・12日号

文春リークス
閉じる