週刊文春 電子版

シノラー、台湾事件、中村獅童 篠原ともえ“受賞”までの20年

THIS WEEK「芸能」

「週刊文春」編集部
エンタメ 芸能

「ニューヨークADC賞」で、篠原ともえ(43)がデザインを手がけた鹿革の着物が、2つの部門でそれぞれ銀賞、銅賞を受賞した。

水森かおりの紅白出場衣装なども手がけた

「世界で最も古い広告デザインの国際賞。篠原は『伝統の橋渡しをすることも、私たちデザイナーの責務だと思っております』と喜びのコメント」(芸能記者)

 今や“国際的デザイナー”篠原は、元々はもちろんタレント。1995年、16歳の時に石野卓球プロデュースでデビュー。翌年、吉田拓郎、KinKi Kidsらが出演する音楽バラエティ「LOVE LOVE あいしてる」のレギュラーに抜擢された。

「頭の回転が早く、大物ゲストにも物怖じせず『〜ですぅ』とハイテンションで迫るキャラで人気を博し、拓郎からも可愛がられた」(芸能デスク)

 また、前髪を揃え、原色を多用したファッションを模倣する10代女性が続出。安室奈美恵の“アムラー”の向こうを張って“シノラー”ブームを起こした。

「独自のファッションは、短大で服飾を学んだ篠原自身の創案。一見奇抜だが評価は高く、彼女がテレビ局入りすると、スタイリストの間に『プロが来た』と緊張が走ったという」(同前)

 2000年には「笑っていいとも!」のレギュラーにもなった篠原。だが翌年、事件が発生した。

「台湾を訪れた際、飲酒の末、ホテルの非常階段の扉を叩いたり、火災警報器のボタンを押すなど大騒動を起こしたと現地メディアが報道。篠原は『地声が大きいほうなので』と否定したが、好感度に影を落とした」(前出・記者)

 かねて「男性は苦手」と公言していた篠原だが、03年には7歳上の中村獅童と初スキャンダル。

「獅童は“友達”だとしたが、その後、半同棲報道。篠原が獅童にぞっこんだったが、2年後、獅童は竹内結子と結婚。前年に篠原が交際継続中を匂わせる発言をしていただけに、獅童の二股説も出た」(同前)

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年6月2日号

文春リークス
閉じる