週刊文春 電子版

中村逸郎「プーチン延命はもはや不可能」

プーチン「3つの誤算」

「週刊文春」編集部
ニュース 社会 国際

「マリウポリ制圧をもって、特別軍事作戦の終了を宣言したいのだと思います」

 5月20日、ロシアのショイグ国防相が「マリウポリとアゾフスタリ製鉄所を“完全に解放”した」とプーチンに報告したのを受けて、筑波学院大学の中村逸郎教授はこう分析する。

中村氏(筑波学院大HPより)

 マリウポリの抗戦拠点だった製鉄所。2000人以上のウクライナ兵が投降し、武装組織「アゾフ連隊」の幹部が全員連行されたという。

「プーチンは『特別軍事作戦』の大義名分に『ウクライナの非軍事化と脱ナチズム化』を掲げています。投降したウクライナ兵を軍事裁判にかけ、『アゾフ連隊はネオナチ組織だった』などと発表し、自分たちの行動を正当化させるのでしょう」

 3カ月近く戦闘を繰り広げ、制圧できたのは親露派地域の一部にとどまる。

「本当はウクライナ東部を完全に制圧し、親ロシア的な共和国として独立させたかったはず。遅くとも独ソ戦の勝利を祝う5月9日の戦勝記念日までには勝利宣言をするつもりだったが、先の見えない状況に陥った」

マリウポリの製鉄所は制圧したが…

 誤算はなぜ生じたのか。国家保安委員会(KGB)出身の諜報部員だったプーチンが、軍隊の動かし方に疎かったことが挙げられる。

「プーチンは議論が嫌い。反対意見をぶつけられるとたとえ会議の席でも『ここは議論する場じゃない』と突っぱねる。自分の考えに沿ったアドバイスや補足意見しか受け入れない。軍人たちは最高司令官である大統領とロクにコミュニケーションを取れないのです」

 そしてキセリ中将やオシポフ副提督など将校を次々と処分。戦死者も続出した結果、人材が不足してしまった。そのために本来、大佐クラスが行うレベルの戦術決定にまで、プーチンが直接口を出す事態が起きているという。

「6月12日が大きな節目。ロシアが旧ソ連から独立した記念日です。この日、製鉄所制圧を一つの大きな戦果として掲げ、そしてその場で後継者を大統領代行に指名して一線を退くと私は考えています」

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年6月2日号

文春リークス
閉じる