週刊文春 電子版

「東京五輪公式映画監督」河瀬直美 “キックだけじゃない”スタッフ顔面殴打と主演俳優の絶縁告白

「週刊文春」編集部

PICKUP!

エンタメ 芸能 映画

 東京五輪公式映画が間もなく封切られる河瀬直美氏。キャリアの絶頂を極めるまでには、役者を精神的に追い詰める演出や、スタッフを部品のように切り捨てる一面も。自らを卑弥呼になぞらえる映画界の女帝の足跡を辿る。

 

▶「人を部品のように」カンヌ受賞作主演が3時間語った
▶女性スタッフを深夜のNYに締め出し「帰ってくるな」
▶仕出しスタッフに一目惚れして主演抜擢、破局後に“追放”
▶ヒロインに“イジメ演出”「徹底的に無視」「点滴5回」
▶「黒澤明、大島渚の次の世代が私」“世界のカワセ”と豪語

東京五輪公式映画監督の就任会見にて

「私にしか撮れない物を求めて頂いている。その役割を全うしようと思いました」

「未来永劫語り継がれるべき作品だという評価で今回、カンヌに招待されました」

 5月23日、東京都内で行われた東京五輪公式記録映画の完成披露試写会。舞台挨拶に立った総監督の河瀬直美(52)は、誇らしげな表情でそう語った。

東京五輪公式映画の完成披露試写会で登壇

 アスリートを描いた「SIDE:A」と非アスリートを描いた「SIDE:B」に分かれる同作。前者がカンヌ国際映画祭のクラシック部門に選出され、25日に上映されるのだ。

「実は告白すると、まだBができていません(笑)」

 そう語った河瀬は舞台挨拶を終えたその足で、深紅のカーペットが待つカンヌへ深夜便で発った。

 五輪公式映画のメガホンをとり、2025年大阪・関西万博のプロデューサーにも就任するなど、日本を代表する監督となった河瀬。それが彼女のSIDE:Aだとすると、表には出ないSIDE:Bがある。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年6月2日号

文春リークス
閉じる