今田美桜主演の「悪女(わる)〜働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?〜」(日テレ)は漫画が原作。1992年以来2度目のドラマ化だが、かつて主演を務めたのが、今回も人事部課長役で出演する石田ひかり(50)だ。

「92年版は仕事中も煙草を吸い、同僚に毒を吐くヒロイン。それを当時19歳の清純派・石田が演じて話題になった」(放送記者)

 石田が東京・二子玉川で芸能事務所のマネージャーにスカウトされたのは85年、中学1年生のとき。

「その1月前、同じマネージャーが3歳上の姉・ゆり子にも声をかけており、二人は同じ事務所に所属することに」(芸能デスク)

 知名度を上げたのは妹が先だった。86年にドラマデビュー。翌々年、スケバンドラマ「花のあすか組!」に出演し、男子中高生の人気を集めた。

「転機は91年。透明感のあるルックスが原田知世、富田靖子などアイドルを起用してきた大林宣彦監督の目に止まり、『ふたり』の主役に抜擢された」(同前)

 翌年は連ドラ初主演作となる「悪女」。そしてNHK朝ドラ「ひらり」。

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 解説番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春 2022年6月9日号