週刊文春 電子版

明治安田生命が公表しない ベテラン職員の巨額横領事件

THIS WEEK「社会」

「週刊文春」編集部
ニュース 社会

「うちの営業職員が、お客様から数千万円に及ぶ大金を横領しています。昨年から社内の一部で噂になっていましたが、会社は一切公表していません。トカゲの尻尾切りで当該職員を辞めさせ、何事もなかったような態度でよいのでしょうか」

 小誌にこんな告発を寄せたのは、明治安田生命保険に勤めるA氏だ。一体何が起きているのか。

「横領に手を染めたのは東京・中野営業所に勤務する女性営業職員です。社内で“功労LC”と呼称されている65歳以上の大ベテラン。被害者は当該職員と30年来の付き合いのあるお客様で計3世帯が被害に遭ったそうです」(同前)

 今年5月下旬になって、「社外厳秘」と書かれた「重大不祥事故ニュース」が営業職員向けに送られた。そこには横領の手口としてこう記されている。

(1)(職員が)お客様名義の口座を所持。契約者貸付金をその口座に送金し着服。

(2)架空商品を勧誘し、金銭を着服。

「契約者貸付金とは、掛け捨てではない保険の契約者が、解約返戻金を担保に保険会社から融資を受けるお金のこと。営業職員がお客様名義の通帳やキャッシュカードを預かることなど厳禁なのですが、どうやら預かった上で、自分が管理するその口座に貸付金を流し込んでいた。おまけに架空の商品まで売っていたようです」(同前)

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年6月16日号

文春リークス
閉じる