週刊文春 電子版

【写真】追悼・半藤一利 偲ばず別れず思い出を語れ

「週刊文春」編集部
エンタメ 芸能
撮影 山元茂樹

「優しい方なんですけど、結構怖かったです。いま初めて言いますけど、わたし天皇陛下(現上皇陛下)の前で2回怒鳴られました。一つは喋りすぎて『黙らっしゃい』。御所の中に破れ鐘のような声が響きました。その後です。廊下を歩いて、僕は不行儀なものですから陛下より前を歩いてしまいました。『磯田くん、前行きすぎ!』……怖いものです」

 昨年1月、90歳で逝去した昭和史の語り部、半藤一利さん。今月6日、東京都内で「半藤一利さんの思い出を語り合う会」が開かれた。「偲ばず別れず思い出を語れ」という遺言通り、作家の保阪正康さんや宮部みゆきさん、女優の竹下景子さんら親交の深かった著名人が温かな思い出を披露。写真は、冒頭の失敗談で会場を沸かせた、歴史学者の磯田道史さんだ。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年6月16日号

文春リークス
閉じる