週刊文春 電子版

ハマ・オカモト「ちゃんと伝えること」——ドキュメント男の肖像

Tokyo FMが文春にやってきた

門間 雄介
エンタメ 芸能

 岡本太郎に憧れる同級生4人で結成したロックバンド「OKAMOTO'S」。ベースを奏でる男は、デビュー13年目の今も大切にすることがある。その秘めた思いとは――。彼の日々に密着した。

撮影 杉山拓也/ヘアメイク 高草木 剛/スタイリング TEPPEI

 5月上旬だというのに夏日を記録したこの日、ハマ・オカモトは大阪で開催された野外ライブイベント『OTODAMA'22 〜音泉魂〜』のステージにいた。まだ本番前。にもかかわらず、他の多くのバンドがスタッフに任せるサウンドチェックを、OKAMOTO’Sはみずからステージに出て行なう。するとその音に引き寄せられるように、そわそわと、観客が客席エリアに集まってくる。

「メンバーが出ていってリハーサルをするのは、すごく大事なことだと思います」

 ハマは「意識の共有」と表現する。

「ライブでは同じ空間にいるという意識を観客と共有できるんです。そのための空気作りが、特に音楽フェスみたいな場では重要だなと。僕らが目当てじゃないお客さんでも、リハーサルにメンバーが出ていくと、“あ、本物じゃん?”みたいな空気になる。だからあれはすごく効果的なんだと思います」

 そして本番。1曲目から観客は両手を振り上げ、体を揺らし、会場には熱気と高揚感が溢れる。OKAMOTO’Sが生粋のライブバンドである証だ。

 中学2年生で音楽を始めたハマが、OKAMOTO’Sのベーシストとしてデビューしたのは2010年、19歳のときだった。メンバーはみな中学時代からの同級生だが、彼は既にバンドを組んでいた3人に誘われるかたちで、前年にそこに加わった。「騙されたんです」と彼は言う。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年6月16日号

文春リークス
閉じる