週刊文春 電子版

区は「ありえない」 東京東信用金庫が税金を“誤送金1000件”

「週刊文春」編集部
ニュース 社会

「ひがしんさんは、公金の扱い方をどう考えているんですか!」

 葛飾区産業経済課の職員は、こう声を荒げた。相手の“ひがしん”とは、東京東信用金庫の通称である。

99年、複数の信金が合併して誕生した

 墨田区に本店を置き、東京都東部と埼玉、千葉に約70店舗を構えるひがしん。貸出金残高1兆円超の信用金庫で、何があったのか。ひがしん関係者が語る。

「金融機関が中小企業の事業者に融資する際に、葛飾区が一定の利子を負担する『中小企業融資あっせん制度』があります。この利子の支払いで大量の“誤送金”が見つかったのです」

制度案内のパンフレット

 こうした制度融資は、全国の自治体で行われている。まず葛飾区が取り扱いの金融機関に利子の補給金を預ける。金融機関は顧客の月々の返済の際、そこから利子の一定分を顧客に戻す。

「問題は利子の返済日が、土日などの休日とかぶるケースで起きました」(同前)

 返済日が休日の場合、利子の引き落としの基準日をその前日や当日、翌営業日のいずれにするかは金融機関によって異なる。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年6月16日号

文春リークス
閉じる