週刊文春 電子版

無料公開中

テレ東『モーニングサテライト』に出演 西野志海アナが退社していた

スクープ速報

「週刊文春」編集部
エンタメ 芸能

 テレビ東京の西野志海アナウンサー(31)が6月6日付で依願退社していたことが、「週刊文春」の取材でわかった。

 西野アナは2013年に北海道テレビ放送に入社。2016年7月、中途採用でキー局のテレ東に転じた異色の経歴を持つ。元テレ東アナウンサーで同い年の鷲見玲奈(32)とはアナウンススクール時代からの友人同士で、転職を機に同僚となっていた。

西野志海アナ(テレ東HPより。6月7日昼頃に削除)

 テレ東では『Newsモーニングサテライト』など、主に報道番組を担当。一方で、自身の冠番組『今から、西野アナが行きますんで』では子供のころから得意だったという歌を披露するなど、硬軟自在な活躍を見せていた西野アナ。

 2020年3月からはニューヨーク支局に栄転し、『モーサテ』には現地から出演。NYはテレ東の看板番組『ワールドビジネスサテライト』のメインキャスターを務める大江麻理子(43)がかつて勤務するなど、報道系エースアナウンサーへの登竜門といえる。中途入社ながら局の期待を背負う西野アナだったが、赴任直後、いきなりアクシデントに見舞われる。

NYで大統領選挙も取材(テレ東HPより。6月7日昼頃に削除)

「NY赴任直後の2020年4月、個人的にやっていたインスタグラムに不適切な投稿をしていたことが『FLASH』に報じられました。同誌によれば西野アナは、〈原油に思いを巡らせすぎて、今にも引火しそう。疲れた。サウジの石油施設を爆破すれば価格安定するかなと、二時間本気で考えるくらいに疲れてる〉などと投稿。会社は取材に『報道に携わる者として、極めて軽率で不適切』とコメントした」(テレ東関係者)

 当時から「疲れ」を訴えていた西野アナ。その後も『モーサテ』ではニューヨークキャスターとして番組に出演し続けてきたが、昨年末ごろから異変が起こっていた。

最後の出演から約1カ月後に退社

「番組出演を休むことが増えたのです。放送中、声がなかなか出しにくいように見えたこともあった。今年4月には1週間休んだ。一旦、復帰はしましたが、やはり体調は良くなかったようで、4月下旬から再び出演しなくなっていました」(同前)

モーニングサテライトに出演いていた(テレ東HPより。6月7日昼頃に削除)

 その後、西野アナは依願退職することとなった。

「社内に発表されたのは5月30日。人事情報を見て皆、驚いていました。もともと体調に不安があったのは確かで、本人は周囲に退社理由は『喉の調子が悪いから』と伝えているようです」(別のテレ東関係者)

 最後の出演から約1カ月後に退社となった西野アナ。後任のアナウンサーはどうなるのかというと……。

「今回のことは上層部でも話し合われましたが、西野アナの前任の森田京之介アナもトヨタイムスに転職したこともあり、『もうNYにアナウンサーを送るのはやめようか』などと議論になっているようです」(同前)

鷲見玲奈アナ、福田典子アナとは同期(テレ東HPより。6月7日昼頃に削除)

 テレ東広報部は小誌の取材に次のように回答した。

「(退職は)事実です。(NYにアナウンサーを送るのをやめようという議論について)人事につきましては常に最善の人員配置に取り組んでいますが、その過程についてはお答えしておりません」

 西野アナのプロフィールは、小誌が質問状を送ったすぐ後に、ホームページから削除された。

 将来を嘱望された中途入社の星は、まだNYに残っているという。

source : 週刊文春 2022年6月16日号

文春リークス
閉じる