週刊文春 電子版

「美人店員がいる」吉本芸人を騒がせた松本若菜がキタァー!

THIS WEEK「芸能」

「週刊文春」編集部
エンタメ 芸能

 土屋太鳳主演の連ドラ「やんごとなき一族」(フジ)。視聴率は5〜6%と今ひとつだが、石橋凌、倍賞美津子ら豪華脇役陣の中で注目を集めたのが松本若菜(38)。

映画初主演は09年の「腐女子彼女。」だった

「気の弱い夫(尾上松也)が弟(松下洸平)に家の跡継ぎの座を奪われそうになり、弟の嫁(土屋)に意地悪を働き、不気味な笑いをもらす。悩める土屋に『♪右手はパーで 左手もパーで 板挟み 板挟み』とミュージカルのように替え歌を歌い、嫌味を言うさまなどが“松本劇場”と呼ばれる人気場面に」(放送記者)

 松本は鳥取県米子市の出身。高一の時、仕事で鳥取に来ていた奈美悦子と、奈美の所属事務所(当時)社長にスカウトされたが応じず、卒業後は地元で化粧品関係の仕事に就いた。

 だが2006年、22歳のとき、本人が翌年語ったところでは「胸のうちでフツフツと沸き上がるものがあり」、スカウトされた事務所に連絡を取り上京。女優への道を踏み出した。

「07年の『仮面ライダー電王』で、主人公(佐藤健)の姉役でデビュー。だが女優だけでは食べられずバイト生活。吉本芸人が出入りする新宿の鰻屋で働き、芸人の間で『美人店員がいる!』と話題に。インパルス板倉俊之には告白されたという」(芸能デスク)

 “グラドル”としても活動。

「07年から09年にかけ2冊の写真集を出し、セクシーな下着姿も披露。『やんごとなき一族』が始まってから中古市場で需要が高まり、1冊目の『watercolor』は現在、大手通販サイトで1万5000円以上に高騰している」(同前)

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年6月30日号

文春リークス
閉じる