週刊文春 電子版

《動画入手》自民激戦区 松山千春 応援に「公選法違反」疑惑

参院選「8つの爆弾」

「週刊文春」編集部
ニュース 政治

 参院選公示日の6月22日。サングラス姿で、冬季五輪の会場にもなった長野市の「ビッグハット」前に颯爽と現れたのは、歌手の松山千春(66)だ。

松山千春

 春のコンサートツアー真最中の千春が駆け付けたのは、自らが「弟のような存在」と語る自民党新人でタレントの松山三四六(さんしろう)氏(51)の応援演説のため。

「三四六氏は長野では圧倒的な知名度を誇るローカルタレント。柔道選手として将来を嘱望されたが、明大時代にケガで挫折。その後はものまねタレントやラジオDJとして活動。東京出身ですが、2001年から拠点を長野に移し、地元局で冠番組を多数持った。芸名は、師と仰ぐ千春と柔道小説の主人公・姿三四郎が由来です」(地元記者)

松山三四六氏(公式HPより)

 小誌3月24日号では、三四六氏の“女子アナ不倫疑惑によって冠番組の有力スポンサーが降りてしまい、その後番組も終了した過去を報道。そんな彼が立候補している長野選挙区は、全国有数の激戦区だ。

「TBS記者出身で有名キャスターだった立憲民主党の現職・杉尾秀哉氏(64)とのデッドヒートです。公示前は杉尾氏優勢と見られていましたが、三四六氏が猛烈に追い上げている。三四六氏の妻で女優の網浜直子(53)も街頭演説に登場する総力戦です」(同前)

 そんな弟分のために街宣車の上でマイクを握る千春。「長野のことを想うなら三四六!」と熱弁し、おもむろに、あの曲を歌いだした。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年7月7日号

文春リークス
閉じる