週刊文春 電子版

シン週刊文春

編集部コラム 第65回

「週刊文春」編集長
ニュース 政治

 6月30日付で人事異動があり、新体制がスタートしました。6人が異動し、4月に配属された新人3人と新たに異動してきた3人の計6人が加わって、「シン週刊文春」の誕生です。

 そして、時をほぼ同じくして、「週刊文春 電子版」も課金システムを変更することになりました。昨年3月にスタートした電子版は、キメラ社の課金システムを採用しました。キメラ社の大きなメリットは、とにかく早く導入できること、そして安いことでした。

 2020年4月、新型コロナウイルスの襲来を受け、緊急事態宣言が発令。書店が次々、休業しました。この時は、幸いコンビニが営業を続けており、書店の売り上げ減をコンビニが上回り、紙の雑誌の売れ行きはむしろ伸びました。ただ、私は恐怖しました。

 コンビニも閉まってしまったら、我々は事業継続できない――。当時は、第二波やウイルスの変異による猛毒化なども想定されていました。とにかく、早く電子版を起ち上げるしかない。一方で、電子版が事業として成り立つのかどうか、これはやってみないとわかりません。小さくても、まずは早く始めてみる。それにキメラ社のシステムはぴったりでした。

 昨年3月、水曜16時に特集の記事をただアップするだけでスタートした電子版は、おかげさまで読者数も順調に伸び、人員も増やし、連載や記者がスクープの裏側を語る音声番組などコンテンツも充実してきました。東京オリンピック開会式の幻のMIKIKO案を電子版オリジナルで報じた際には、アクセスが殺到し、サーバーがダウンするなど、電子版自体が注目を集め、新聞、テレビで「週刊文春 電子版によれば」と、報じられることも増えてきました。電子版は、1年目から黒字を出す上々のスタートを切ることができました。これは、キメラのシステムを使うことで早く、そして安くローンチできたからです。

 今回、その課金システムをpiano社に変更することにしました。その理由は、会員数が増え、電子版をより大きくするためには、さまざまな施策が可能なpianoのシステムが必要だと考えたからです。

 ただ、リニューアルにあたり、会員の皆様が電子版の記事を読もうとすると、ログインを求められます。リニューアル前から購読いただいていた方は、パスワードを再設定していただければ、これまでと変わらず記事をお読みいただけます。ただ、現在の契約期間が終了すると、これまでと同じプランか、別のプランにご登録いただく必要がございます。お手数ですが、登録をぜひよろしくお願いいたします。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春

文春リークス
閉じる