週刊文春 電子版

USB紛失事件「再委託を知らないはずない」尼崎市の“激怒”に業者側が反論証言

「週刊文春」編集部

電子版オリジナル

ニュース 社会

「一時的にUSBを紛失してしまったことは完全に私たちの落ち度。心から申し訳ないと思っています。しかし、尼崎市の『再委託されていることは知らなかった』という説明は嘘です。少なくとも現場の職員の中にはこれまで再委託が常態化していたことを知っている人がいましたから」

 

 こう明かすのは、大手情報システム「BIPROGY(ビプロジー)」の在阪の会社関係者X氏である。

 兵庫県尼崎市で全市民約46万人分の個人情報が入ったUSBメモリーが一時所在不明になる“事件”が起きたのは、6月21日のことだった。

 市から住民税非課税世帯などに対する新型コロナウイルス臨時特別給付金の支給業務を冒頭のBIPROGYが請け負っていたが、作業チームに所属する40代男性Aさんが帰宅途中にUSBをかばんごと“紛失”。3日後の6月24日にUSBは無事発見されたものの、市とBIPROGYがそれぞれ第三者委員会を設置。尼崎市の稲村和美市長は、行政への信頼を失墜させたとして、夏のボーナスを全額返上する騒動となっている。

稲村和美・尼崎市長は2010年に当時最年少の38歳で市長に ©︎共同通信

「BIPROGYは旧・日本ユニシスです。歴史は古く、1958年に米ユニシスと三井物産の合弁会社として誕生した老舗ベンダー。元NHK会長の籾井勝人氏が2005年~2011年まで社長を務めていました。今年4月にBIPROGYに商号を変更したばかり。騒動後に『日本ユニシスだったのか!』と驚きの声が上がっていた。2022年3月期の売上高は約3200億円に上ります」(経済誌デスク)

尼崎市の業務に20年以上携わる“ベテラン”が…

 USBを紛失した当日に何があったのか。全国紙記者が解説する。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 電子版オリジナル

文春リークス
閉じる