週刊文春 電子版

Sexy Zone 菊池風磨 “名物パパ”の盗作騒動

「週刊文春」編集部
エンタメ 芸能

「歌詞とメロディーが一緒っていう段階で100パーありえない。で、タイトルまで一緒ってところに、俺は悪意しか感じなかった」

 6月26日のポッドキャストでこう語ったのは、ロックバンド「スキップカウズ」のメンバー。彼らが怒りの矛先を向けるのは、Sexy Zone・菊池風磨(27)の父・菊池常利だ。

息子にも楽曲提供している(本人インスタより)

「風磨はドラマ・映画にも出演していますが、最近はトーク力を生かしてバラエティで活躍。夏の『24時間テレビ』(日テレ系)でもパーソナリティを務める。父の菊池常利はシンガーソングライターとして嵐のデビュー曲『A・RA・SHI』など複数のジャニーズに楽曲を提供している人物です」(ジャニーズ関係者)

 常利はファンの間で“常パパ”の愛称で知られる有名人だ。自身のブログやSNSで風磨の情報や写真を掲載。「息子に便乗している」との声もあった。

「『TWUNEモデル』として常利の知人が制作・販売していたアクセサリーが、その知人のブログで『ご長男も身につけていた』と紹介されていたことも」(同前)

 そんな常パパに、盗作騒動が勃発した。発端は5月26日、常利がラジオ番組で代表曲の『思い出ガソリン』を流したこと。するとリスナーから「スキップカウズの『想い出ガソリン』に酷似している」との指摘が寄せられたのだ。

 両曲はタイトルはもちろん、メロディーも歌詞も酷似。常利も「盗作と思われても仕方のない内容」と、スキップカウズに謝罪した。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年7月14日号

文春リークス
閉じる