先月の食事会でかけられた言葉|林真理子

証言「安倍晋三と私」

「週刊文春」編集部
ニュース 政治

「安倍さんの言葉のひとつひとつに運命めいたものを感じてしまいます」

 そう語るのは、安倍晋三・昭恵夫妻と親交の深かった作家の林真理子氏だ。

 

 ここ3カ月で3回、安倍さん夫妻とお会いしました。

「主人もようやく時間ができたので、みなさんとご飯を食べたいと言ってます」

 昭恵さんからお誘いいただき、安倍夫妻、私と主人、お友達夫妻の6人で会員制の焼き鳥屋に集まったのは4月中旬。安倍さんに「林さんと初めて会ったときのこと覚えていますよ」と言われてびっくりしました。

 それは20年前の2003年、私が父の介護のために山梨の実家に帰省していたときのこと。甲府駅前に「安倍晋三幹事長来たる」と大きな看板が立てられていた。当時の小泉純一郎総理のサプライズ人事で、49歳で幹事長に抜擢されたばかりの安倍さんを見たいと駅前に出かけました。聴衆に紛れ握手してもらおうと行列に並んでいると、「林さん、どうしてここにいるんですか!」と気さくに声をかけてくださった。

 昭恵さんと知り合ったのも同じ頃、昭恵さんの義母の洋子さんが運営するボランティア団体での講演がきっかけでした。昭恵さんに「連れて行ってくれませんか」と言われ、行列で有名な足立区鹿浜のスタミナ苑へご一緒したこともありました。自民党幹事長といえども並ばせるのが、この店の流儀。みなで行列に並び、食事して私と主人はへべれけに酔ってしまった。帰りはお酒を飲まなかった安倍さんが運転して送ってくれたんです。

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

  • 電子版+雑誌プラン

    29,500円一括払い・1年更新

    2,458円/月

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春 2022年7月21日号

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫
閉じる