週刊文春 電子版

「復讐は己でやってこそ」安倍元首相暗殺 山上徹也の570日

「週刊文春」編集部

PICKUP!

ニュース 社会 政治

〈喉から手が出るほど銃が欲しい〉。こう綴ったのは2年前の12月16日だった。それから銃の製造方法を学び、部品や火薬を集め、計画を着実に遂行した。原動力は母への愛憎と教会への怨嗟。すべては570日後に暴発した。

▶︎統一教会への復讐決行への“冷徹なる計画”

▶︎火薬製造ガレージ「賃貸保証人は母だった」

▶︎前日試し撃ち直後に飲み干した野菜ジュース

▶︎母は今日も避難先で「教典を読んでいる」

 目下、統一教会(2015年に世界平和統一家庭連合に改称。本稿では統一教会と記述する)は、山上家に返金した5000万円のその後の行方について、必死で調査を行っているという。

世界平和統一家庭連合の田中富広会長

 7月25日に奈良西署から大阪拘置所に身柄を移され、鑑定留置されている山上徹也(41)。その母親・A子さん(69)と12年来の付き合いがある奈良在住の古参信者が、憤りを隠さずにこう打ち明けた。

「僕の家にも東京の統一教会の本部(渋谷区)から職員がやってきて『返金された5000万円はどこ行った』と聞くんですわ。返した5000万円を再度教会に献金させていないというのを証明したいがために行方を追ってるわけ。僕は『金の心配ばかりしないで、A子さんを心配しろ』と言った。統一教会は自分たちのメンツしか考えていませんから」

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年8月4日号

文春リークス
閉じる