週刊文春 電子版

ちむどんどんの舞台 やんばるの人がモヤモヤしている件

友寄 貞丸
エンタメ 芸能 テレビ・ラジオ

「“ちむどんどん”のアクセントからして、ぜんぜん違いますよ。なぜあんな発音をするんですか。あなたたちがNHKに電話して直させてください!」

 NHKの朝ドラ「ちむどんどん」の初回が放送された4月11日、沖縄ことばの普及を促す県庁内の「しまくとぅば普及センター」にこんな電話が掛かってきた。スタッフによれば、この女性はNHKに直接電話したが聞き入れられず、センターにかけてきたのだ。

 かくいう筆者もドラマの舞台となっているやんばる生まれで18歳までを過ごした。そもそもやんばるとは名護を中心とする沖縄北部を指し、昨年、「今度の朝ドラは、やんばるが舞台だ」と発表されると、やんばる各地が歓喜にわいた。

 なのに、今は何だかモヤモヤ。電話の主と同様、「ちむどんどん」の登場人物が喋る言葉が朝から気になり「ちむわさわさ」して仕方ないのだ。あ、これは「心がざわざわして落ち着かない」という意味です。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年8月18日・25日号

文春リークス
閉じる