週刊文春 電子版

私の俳句道「王道を守りたい」|梅沢富美男

文春俳句

「週刊文春」編集部
エンタメ 芸能 テレビ・ラジオ 読書

 実は『プレバト!!』はレギュラー化する前に特番として始まったんですが、立ち上げのときは今と全く違う内容だったんですよ。〈王様〉が2人いて、その配下たちが何かを競い合い、負けた方の王様がパイ投げとか粉まみれの罰を受ける。僕は初回の王様だった。だから、内容が変わったときも、基本的には何でもやるつもりで、料理だのダンスだのをやっていたわけです。

 そしたら、あるとき、「俳句をやるんですが、参加してくれませんか」と言われて。「ナンだよ、俳句なんてくたびれた爺ぃが趣味でやるもんだろ。視聴者がそんなの楽しいと思うのかな。ま、どうせすぐに無くなるコーナーだろうし、下手でもそれはそれで面白いか」と、内心そんな感じでした。

 というのも、正直、俳句と川柳の区別もついていなかった。こっちは中学を出てから芝居一筋の人生ですからね、俳句になんてまるで縁がない。あまり気乗りしませんでしたよ。

梅沢富美男

 ただ、五七五のリズムは身体に叩き込まれていました。たとえば、「花の司の牡丹でさえも冬は菰着て春を待つ」。幼い頃に父から教わった芝居の決まり台詞ですが、僕がやってきた時代劇には、こんなのがたくさん出てくる。演歌や歌謡曲の歌詞も七五調が多いですよね。日本人にしっくりくるリズムなんでしょうね。それで、五七五には馴染みがあるから、できるかもしれないと思えてきたんです。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年8月18日・25日号

文春リークス
閉じる