週刊文春 電子版

私の俳句道「五七五の形で小説をやりたい」|夢枕 獏

文春俳句

「週刊文春」編集部
エンタメ 芸能 読書
 

 俳句というのは、ぼくらみたいな言葉を仕事にしている人間が、死ぬギリギリまで、最後までできる文芸形式だと思うんです。

 もともと種田山頭火や尾崎放哉の自由律俳句に惹かれていました。その流れをくんでいるのが、渥美清。風天という俳号で詠んでいます。特に好きなのは、〈ゆうべの台風どこに居たちょうちょ〉〈赤とんぼじっとしたまま明日どうする〉。いい句でしょう。ただ、俳句は短すぎて手に負えないから、自分でやろうとまでは考えていませんでした。

渥美清も俳句を嗜んだ

 それが、「こういうのを俺はやりたいんだよォー」と思ったのは、15年ほど前。金子兜太さんの句を俳句好きの編集者から教えてもらったのが、きっかけでした。

〈おおかみに螢が一つ付いていた〉

〈梅咲いて庭中に青鮫が来ている〉

 すげぇなと、ぶったまげましたね。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年8月18日・25日号

文春リークス
閉じる