週刊文春 電子版

作編曲家・鷺巣詩郎が明かす“花の82組レコーディング秘話”「あの子は大物になるね、と…」

名曲で振り返る 花の82年組

「週刊文春」編集部
エンタメ 芸能 音楽

「センチメンタル・ジャーニー」を皮切りに花の82年組全員の曲を名アレンジで彩った鷺巣氏。疾風怒濤の“勝負の日々”を振り返る。

 当時は歌謡曲、ニューミュージック、演歌が三つ巴で音楽業界を支え、その中心にレコード大賞などの賞レースがありました。今となっては信じられませんが、賞を獲るため勝負曲となるシングルを3カ月に1枚出していた時代です。僕は業界最高峰である筒美京平さんに認めていただき、松本伊代のデビュー曲「センチメンタル・ジャーニー」を編曲することになりました。彼女と初めて会ったのは81年の夏で、僕はまだ23歳。いわば駆け出しの若造に大事なデビュー曲を託していただけた。非常にありがたかったですが、とても緊張しました。

 大衆の耳を掴めるよう心血注いだイントロも思い出深いですが、“3回もの録音”はまさにあの時代ならではでした。1回目はキーをC(ハ長調)で録ったのですが、歌ってみると彼女の持ち味である中低音の良さが出ず、プロデューサーの飯田久彦さんの提案で半音下げてもう1回録ることにしたのです。今ならコンピュータで数分でできる作業ですが、当時は再びスタジオ、ミュージシャン、オーケストラを全ておさえてゼロからレコーディングしなければなりませんでした。さらにCMタイアップが決まり、15秒や30秒サイズで再々録音。その曲がオリコンチャートに初登場で入ると、途端に仕事発注の電話が鳴り止まなくなりました。歌謡曲やニューミュージックの仕事をするうえで「センチメンタル・ジャーニー」は鷺巣にとってもデビュー曲のようなものだったのです。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年8月18日・25日号

文春リークス
閉じる