週刊文春 電子版

統一教会報道、朝日新聞は出遅れたのか

編集部コラム 第71回

「週刊文春」編集長

編集部コラム

ニュース 政治

 朝日新聞の知人がこう嘆いていました。

「統一教会報道に腰が引けていると、読者から厳しい声が出ている」。

 確かに、ネット上でも新聞やフジテレビなどが統一教会(現・世界平和統一家庭連合)問題を「ほとんど報じていない」と批判を浴びています。朝日新聞を巡っては、紙面審議委員だった内田樹さんが「このままの弱腰の報道を続ければ、コアな読者を失う」とツイッターで警鐘を鳴らしていました。

 その朝日新聞が、安倍晋三元首相の暗殺から1カ月が経った8月8日から「深流」と題した連載を始めました。ただ、「どこかで読んだ話ばかりだ」と評価の声はほとんどありません。

 ツイッターでは「週刊文春の焼き直しだ」というツイートもありました。手前味噌ですが、確かに読むと、事件以来、「週刊文春」が書いてきたことがほとんどでした。

 朝日新聞のOBからは“出遅れた”“現場の取材力が落ちている”と現役批判の声もあがっているようですが、本当にそうでしょうか。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春

文春リークス
閉じる