週刊文春 電子版

Lord of War(戦争の王様)

町山智浩の言霊USA 第637回

町山 智浩

連載

ニュース 国際

 8月4日、全米女子プロ・バスケットボールのスーパースターでオリンピックの金メダリストでもあるブリットニー・グリナーがロシアで懲役9年の判決を受けた。試合でロシアを訪れていたグリナー選手は今年2月17日に空港で逮捕された。荷物の中の吸引器に大麻樹脂がほんのわずか(1グラム以下)残っていたからだ。その1週間後の2月24日にロシアがウクライナに軍事侵攻したわけで、ロシア政府がアメリカと交渉するための「人質」として、最初からグリナー選手を狙っていたと見られている。

 案の定、ロシア政府は「囚人交換」を提案してきた。グリナー選手ともう1人、アメリカのスパイ容疑で服役中のカナダ人ポール・ウィーランの2人を、アメリカの刑務所に収監されているロシア人、ヴィクトル・バウトと交換しようというのだ。

 しかし、このヴィクトル・バウト、あまりに大物すぎる。なにしろ、ニコラス・ケイジ主演の映画『ロード・オブ・ウォー』(2005年)のモデルになった「史上最大の武器商人」だ。

 バウトは1967年、ソ連生まれといわれるが不明点が多い。民族的にはウクライナ系といわれる。ソ連軍の通訳として、英語、フランス語、ポルトガル語、アラビア語、ペルシャ語を習得した。その語学力が世界を股にかける「死の商人」としての最大の武器になった。

初月100円でこの続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年9月1日号

文春リークス
閉じる