週刊文春 電子版

「750万円程度に」広島県女性教育長「官製談合」証拠メール

「週刊文春」編集部
ニュース 社会

 広島を「日本一の教育県」にする。鳴り物入りで乗り込んできたリクルート出身の女性教育長。だが、親密NPOに発注を繰り返し、予定価格を漏洩した疑惑が判明。さらに新たな官製談合と虚偽答弁の疑惑まで浮上して……。

「誤解を招いてしまった」

 小誌が8月上旬に報じた親密なNPOとの「官製談合」疑惑について、記者会見でこう釈明した広島県の平川理恵教育長(54)。だが、さらに取材を進めると、新たな疑惑が浮上した――。

平川教育長

「平川氏は京都市生まれで同志社大学を卒業し、リクルートに就職。その後、留学支援の会社を起業すると、今度は横浜市で民間公募の中学校長に。文科省中央教育審議会の委員も務めていました」(教育ライター)

 著書では「イケてる教育委員会」を掲げ、従来の行政に「メスを入れる」と宣言。NHKをはじめメディアにも頻繁に出演していた。

 そんな平川氏に、縁もゆかりもない広島から「県の教育長に」と声がかかった。

〈突然、広島県の湯﨑英彦知事からお声がけがあり、お引き受けすることにしました〉(平川氏の著書)

初月100円でこの続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年9月8日号

文春リークス
閉じる