週刊文春 電子版

バドミントン協会の失態を告発“闇カジノ”田児賢一の毀誉褒貶

THIS WEEK「スポーツ」

「週刊文春」編集部
エンタメ スポーツ

 日本バドミントン協会が前代未聞の大失態を犯した。被害を受けたのは8月30日開幕の「ジャパンオープン」に、混合ダブルス日本代表として出場予定だった緑川大輝、齋藤夏ペア。協会が大会前のエントリーで、齋藤夏ではなく誤って姉の齋藤栞を登録していたことが発覚し、2人は大会に出られなかったのだ。スポーツ紙記者が呆れる。

「バドミントンは世界ランキングで五輪や世界選手権出場が決まる。ジャパンオープンはポイントが高く、初戦敗退でも高ポイントを得られた。選手の運命を左右しかねない出来事です」

 さらに問題なのは、協会が自発的に公表したわけではなかったことだ。

「元日本代表の田児賢一がYouTubeで8月28日に協会のミスを告発。SNS上で問題視する声が広まったことで、開幕後の31日にようやくリリースを出したのです」(同前)

初月100円でこの続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年9月15日号

文春リークス
閉じる